noimage
noimage



noimage
Array ( [0] =>
【92】タイトル:透き通る香る花
ガラスの棚の上には、ピンクの花。

透明の花瓶に緑の葉、ピンクの花。

その小さな花瓶の周りに広がる、微かな香り。

【91】タイトル:豆大福
白い豆大福を二つ用意しました。
お盆に載せて、楊子とお茶と桜の花を置いてみました。

斜めから写真を撮ってみたりしました。
おいしそうに見えますか?



【90】タイトル:青春をカメラに収めよう
夕日が金色に輝いてて海に沈みかかっている。波も穏やかになってきたので海に出た。

良くあるジャンプ写真を撮ろうと決めたけど普通じゃつまらないから、ポーズ決めて撮った。

左から、
・足を目いっぱい曲げて両手を挙げる
・ヨガのポーズでナマステー
・ヨガのポーズでナマステー
・ヨガのポーズでナマステー
・足を目いっぱい曲げて両手を挙げる

あとちょっと工夫して、
右から二番目の奴は足の間から太陽が見えるようにしよう。
それから角度を変えて、すんごく高いジャンプしているように見えるようにしよう。
【89】タイトル:春の日には外でティータイム
ぽかぽかってする日はお外でお茶しましょう。
草がたくさん生えて緑が綺麗な場所を見つけたよ!
ほら!ピンクの机出して!花柄のやつ。
それからピンクの花柄の花瓶に、ピンクの花を活けておきましょう。
桃の果肉を入れたお茶もガラスポットに準備して、コップにもびっしり果肉を入れて桃の香りを楽しむのが最高なんです。

さあ、ティータイムの始まりだ。
[1] =>
【88】タイトル:茶色の卵2つ
枯れ木の上に卵2つ置いてみた。茶色の卵ってちょっとおいしそうに見えるよね。
さらに1つは白の卵カップにいれてみた。

ただの卵なのにおしゃれに見えるのは木目調の背景のおかげでしょうか。
木目はなんでも使えるのすごいと思います。
【87】タイトル:労働日記1
本日は薄日の射す、外で作業をするには最適な一日でした。

一面に広がる灰色砂を、これから二人で掘って行くことになりました。とても広大で、いったいいつまで掘っていくことになるのでしょうか。

真新しいスコップはちょっとおしゃれで良かった。赤と青がとても素晴らしい。
灰色の景色に二色のスコップが良い差し色になっている。
砂にスコップを刺して並べて、写真を撮っておこう。綺麗だからね。

一日がんばったスコップには少し汚れがついてきたな。
明日は汚れを落としてあげよう。
【86】タイトル:ロックから感じるロック
まさに自然が生んだブリッジ。

茶色の岩壁が、何百年も雨風を受けてきたことで半円の穴が開き、まるで川の上を渡る橋のように形をしている。
その穴の向こうには青空と、同じ色をした岩の島が見える。

また、日陰になっているところには雪が積もっており、晴れていても寒さを感じる。

橋の様な形をしているが、けして人のために形作られたものではなくぼこぼこなので、人に媚びない自然の厳しさと美しさがある。
自然に出来上がったその佇まいを見ていると、
「自然に生きようよ。放っといても形は出来上がるのだから」

と元気が出てくる。
【85】タイトル:それはどこから見てもイチゴだね
真っ赤なイチゴが寝ているよ。

へたが右側、甘くておいしい先端が左側になるように寝ているよ。
たくさん眠っておいしく育っておくれ。

たった一個の真っ赤なイチゴ、つぶつぶイチゴ、形が綺麗なイチゴ。
果物に使うのが正しいのかわからないけど、かわいいって言葉が似合うよイチゴ。

イチゴ?いちご? どっちでもいいか
[2] =>
【84】タイトル:お腹が空いたら玉子かけご飯
木目調の机に置かれた白飯と茶色い箸と箸置き。

その白飯にかかるはプルプルの黄身。
黄色を通り越して金色と言っても過言ではないだろう。

しかも卵黄のみで白身はない。きれいだ。
個人的には白身もあっての玉子かけご飯ではあるが、

黄身と白飯の輝きが空腹感をくすぐってくるので、これはこれであり!
でも白身も忘れないでね。

【83】タイトル:エンタークリックだも~
白い机とノートパソコン。そこに向かって座るは牛人間。

「カチャカチャカチャカチャ。
 モ~~エンター。オオオオオォオオオオオオォオ」

頭は牛で体はスーツを着た人間。大きく上げた右手でエンターをたたこうとしているが、そのまま腕を下ろしたらきっとスーパーパワーでパソコン壊しちゃうよ。

エンターアァァァァ イヤァァァァ
【82】タイトル:雲の世界

飛行機に乗りぐんぐん上昇していき、さっきまで厚く覆われていた雲を突き抜ける。
その景色を初めて見たときの感動を今も憶えている。

窓から見える一面の景色には雲が敷き詰められており、雲の世界に降り立ったような幻想的な気持ちにさせてくれる。
乗れそうな雲と、そうでない雲があるよね。手前の雲は乗れなさそうだけど、奥の雲は歩けそう。

地上では天気が悪くても、雲の上は天気が良いんだ!ということを知った幼少時代、雲の上に住めば晴れが続いて最高なのにと本気で思っていました。
【81】タイトル:わが社はクリーンな会社です
草の目線からビル軍を見上げた世界を描いた絵。
四角形のビルは白色で、太陽の光を浴びて少し輝いているようにも見える。、
虹色に反射するシャボン玉もふわふわと浮いており、爽やかさを演出している。

わが社はクリーンな会社です!
 といいそうな画像である。

[3] =>
【80】タイトル:お台場にも女神がいました
お台場に聳え立つ女神ちゃん

夜のライトアップを受けて金色に輝くその姿はメタモルフォーゼ

女神と背景のマンションどっちが高いのでしょうか

右手に炎を持っているように見えますが、本物ですか?
熱くないですか?

自由を手に入れるために自由を捨てる世の中はなんだか不自由よね。
と言っているその顔は無表情である。こわい
【79】タイトル:タイトル無し
トナカイがそりを引くLEDのイルミネーション

黄色のトナカイは夢を運んでいく。ソリに光を乗せて。
足元には星があるので、空を駆けているようにも見えますね。

あー、それにしても明るいそのトナカイは電気代いくらですか。
【78】タイトル:皆さんは好きですか夏
夏のライオン、中心が意外とキモいと評判のヒマワリです!

今、私はヒマワリ畑にいます。

ヒマワリがたーーーーーーーーっくさん咲いている中で、背が高く姿勢が良いヒマワリに出会った。
そのお顔は、腕をいっぱいに広げて受け止めようとするジェントルマンのように見える。

ヒマワリにも表情があるんだなって初めて思った、夏。

【77】タイトル:電車と線路と紫陽花と
黄色の電車が停車している。

一両編成のローカル鉄道だ!!!
うす雲のかかった空、アヒルのような形をした雲、線路にかかる緑の雑草。
黄色の車体が良いアクセントになって味わい深い風景となっている。
その風景と一緒に、紫陽花を写真に収めたのはグッジョブであるとしか言いようがない。

紫陽花があることで梅雨の合間の晴れを感じさせ、じめじめとしているが、それでも晴れを喜ばずにはいられない複雑な空模様と心模様を想像させてくる。
[4] =>
【76】タイトル:夏の夜空に浮かぶ黄色の花
夏の夜空は黒く静寂を保っているが、そこへ花火が打ちあがった。

 ひゅ~~~~  ドン  ぱららららら

黄色い閃光は四方八方に花を咲かせながら飛び散っていき、綺麗な丸を描いている。
 
 ぴゅ~~

一発目が鳴り止む間も与えず二発目が打ち上げられた。
打ちあがっている最中の二発目が線上に光っているおかげで、
花火全体がタンポポの綿毛のように見える一枚を撮ることができた、嬉しい一枚である。

黄色い綿毛は夜空を覆い静寂を明るく照らし、見る者に笑顔を残して消えていった。
【75】タイトル:花やしきを撮って
アトラクション「Beeタワー」を下から取ったら、ディスクオーも納まったのでパシャリ。

「Beeタワー」は全て上がりきっており、これから落下するというところでしょうか。ディスクオーはくるくる回りながら下りている真っ只中である。

空が写っているが、晴れているが雲も多い。
絶叫する客が写っていたら面白かったが、まるで写っていないのが少し寂しい。
【74】タイトル:制限速度表示だ
英語圏の制限速度表示を表す標識を撮った写真。
標識の形は縦長の長方形で、標識は黒縁・黒字ととてもシンプルであり、

標識には
「SPEED
 LIMIT
 25」
と記載されている。文字サイズは25が一番大きいので表示は良く見える。

ただ、25の表記の上にはシールが5・6枚張られている。
速度制限に対する抗議だろうか。

標識の背景は電信柱とマンション、そして曇天模様が写されているため、全体的に灰色な写真となっている。
【73】タイトル:桜の季節が参りました
桜の花が綺麗に咲いていたので写真を撮りました。

もう満開を迎えただろう。1輪はピンク色に咲いており、その左上と右上には白色の桜が1輪咲いている。

黄色い雄しべが綺麗なアクセントになっており、色合いがとても綺麗である。
桜の花を間近で見る機会は少ないが、写真でズームアップすると普段見えないものを確認できて風流である
[5] =>
【72】タイトル:ころころオレンジ
11個のオレンジは白い背景に隙間なく無造作に置かれている。

オレンジは枇杷(びわ)のような形に近く少し小ぶりといったところか。でもとても綺麗な色味をしているので、おいしくいただくことができそうだ。
【71】タイトル:にゃに見てるのよ
空を背景に灰色の猫が上から覗き込んできた。
耳はピンと立て、ただ一点を見つめるその瞳は、大して興味を持っていないとわかるのに目を離してはくれない。

こいつ絶対俺のことばかにしている。
【70】タイトル:夏の光を反射する写真
晴天を受けながら輝く青い水面は波打ち、その表面に浮かぶ黄色い浮き輪。
ぷかぷかと浮かんでいるはずだが、透き通った水のせいで浮き輪は宙に浮いているようにさえ感じる。
画像には、青く光る水面と黄色い浮き輪とその影しか写っていないが、その輝きから晴天を感じることができる。

夏が待ち遠しい一枚である。
【69】タイトル:色鉛筆で作るハートのアーチ
綺麗に削られた46本の色鉛筆は、中心に先端を向け隙間なく置か
れて並んでおり、芯の先端が並んだその形はハートを象ってい
る。

46本の芯で象るカラフルなハートは暖色が多く使用されており、
とても温かみを感じます。
ハートの中心は写真の左上寄りで、写真の焦点は左手前側によっ
ているため、ハートの左側、すなわち奥の色鉛筆はボヤけて写っ
ている。

ハートの割れ目部分は、ピンクの色鉛筆が突出して置かれている
ことで表現されている。
)
noimage
Array ( [0] =>
【71】タイトル:にゃに見てるのよ
空を背景に灰色の猫が上から覗き込んできた。
耳はピンと立て、ただ一点を見つめるその瞳は、大して興味を持っていないとわかるのに目を離してはくれない。

こいつ絶対俺のことばかにしている。
【91】タイトル:豆大福
白い豆大福を二つ用意しました。
お盆に載せて、楊子とお茶と桜の花を置いてみました。

斜めから写真を撮ってみたりしました。
おいしそうに見えますか?



【92】タイトル:透き通る香る花
ガラスの棚の上には、ピンクの花。

透明の花瓶に緑の葉、ピンクの花。

その小さな花瓶の周りに広がる、微かな香り。

【51】タイトル:レモン写真
レモンのイメージ写真といったところか。
写真にはレモンが1と1/2個が写っている。1/2にカットされたレモンは果肉が8個見て取れる。果肉はとてもみずみずしくて、きらきらと輝いています。

白いテーブルがレモンの黄色をより際立たせており、さらに緑の葉っぱが6枚背景として置かれておりとても色合いがきれいです。




[1] =>
【69】タイトル:色鉛筆で作るハートのアーチ
綺麗に削られた46本の色鉛筆は、中心に先端を向け隙間なく置か
れて並んでおり、芯の先端が並んだその形はハートを象ってい
る。

46本の芯で象るカラフルなハートは暖色が多く使用されており、
とても温かみを感じます。
ハートの中心は写真の左上寄りで、写真の焦点は左手前側によっ
ているため、ハートの左側、すなわち奥の色鉛筆はボヤけて写っ
ている。

ハートの割れ目部分は、ピンクの色鉛筆が突出して置かれている
ことで表現されている。
【70】タイトル:夏の光を反射する写真
晴天を受けながら輝く青い水面は波打ち、その表面に浮かぶ黄色い浮き輪。
ぷかぷかと浮かんでいるはずだが、透き通った水のせいで浮き輪は宙に浮いているようにさえ感じる。
画像には、青く光る水面と黄色い浮き輪とその影しか写っていないが、その輝きから晴天を感じることができる。

夏が待ち遠しい一枚である。
【72】タイトル:ころころオレンジ
11個のオレンジは白い背景に隙間なく無造作に置かれている。

オレンジは枇杷(びわ)のような形に近く少し小ぶりといったところか。でもとても綺麗な色味をしているので、おいしくいただくことができそうだ。
【73】タイトル:桜の季節が参りました
桜の花が綺麗に咲いていたので写真を撮りました。

もう満開を迎えただろう。1輪はピンク色に咲いており、その左上と右上には白色の桜が1輪咲いている。

黄色い雄しべが綺麗なアクセントになっており、色合いがとても綺麗である。
桜の花を間近で見る機会は少ないが、写真でズームアップすると普段見えないものを確認できて風流である
[2] =>
【74】タイトル:制限速度表示だ
英語圏の制限速度表示を表す標識を撮った写真。
標識の形は縦長の長方形で、標識は黒縁・黒字ととてもシンプルであり、

標識には
「SPEED
 LIMIT
 25」
と記載されている。文字サイズは25が一番大きいので表示は良く見える。

ただ、25の表記の上にはシールが5・6枚張られている。
速度制限に対する抗議だろうか。

標識の背景は電信柱とマンション、そして曇天模様が写されているため、全体的に灰色な写真となっている。
【75】タイトル:花やしきを撮って
アトラクション「Beeタワー」を下から取ったら、ディスクオーも納まったのでパシャリ。

「Beeタワー」は全て上がりきっており、これから落下するというところでしょうか。ディスクオーはくるくる回りながら下りている真っ只中である。

空が写っているが、晴れているが雲も多い。
絶叫する客が写っていたら面白かったが、まるで写っていないのが少し寂しい。
【76】タイトル:夏の夜空に浮かぶ黄色の花
夏の夜空は黒く静寂を保っているが、そこへ花火が打ちあがった。

 ひゅ~~~~  ドン  ぱららららら

黄色い閃光は四方八方に花を咲かせながら飛び散っていき、綺麗な丸を描いている。
 
 ぴゅ~~

一発目が鳴り止む間も与えず二発目が打ち上げられた。
打ちあがっている最中の二発目が線上に光っているおかげで、
花火全体がタンポポの綿毛のように見える一枚を撮ることができた、嬉しい一枚である。

黄色い綿毛は夜空を覆い静寂を明るく照らし、見る者に笑顔を残して消えていった。
【77】タイトル:電車と線路と紫陽花と
黄色の電車が停車している。

一両編成のローカル鉄道だ!!!
うす雲のかかった空、アヒルのような形をした雲、線路にかかる緑の雑草。
黄色の車体が良いアクセントになって味わい深い風景となっている。
その風景と一緒に、紫陽花を写真に収めたのはグッジョブであるとしか言いようがない。

紫陽花があることで梅雨の合間の晴れを感じさせ、じめじめとしているが、それでも晴れを喜ばずにはいられない複雑な空模様と心模様を想像させてくる。
[3] =>
【78】タイトル:皆さんは好きですか夏
夏のライオン、中心が意外とキモいと評判のヒマワリです!

今、私はヒマワリ畑にいます。

ヒマワリがたーーーーーーーーっくさん咲いている中で、背が高く姿勢が良いヒマワリに出会った。
そのお顔は、腕をいっぱいに広げて受け止めようとするジェントルマンのように見える。

ヒマワリにも表情があるんだなって初めて思った、夏。

【79】タイトル:タイトル無し
トナカイがそりを引くLEDのイルミネーション

黄色のトナカイは夢を運んでいく。ソリに光を乗せて。
足元には星があるので、空を駆けているようにも見えますね。

あー、それにしても明るいそのトナカイは電気代いくらですか。
【80】タイトル:お台場にも女神がいました
お台場に聳え立つ女神ちゃん

夜のライトアップを受けて金色に輝くその姿はメタモルフォーゼ

女神と背景のマンションどっちが高いのでしょうか

右手に炎を持っているように見えますが、本物ですか?
熱くないですか?

自由を手に入れるために自由を捨てる世の中はなんだか不自由よね。
と言っているその顔は無表情である。こわい
【81】タイトル:わが社はクリーンな会社です
草の目線からビル軍を見上げた世界を描いた絵。
四角形のビルは白色で、太陽の光を浴びて少し輝いているようにも見える。、
虹色に反射するシャボン玉もふわふわと浮いており、爽やかさを演出している。

わが社はクリーンな会社です!
 といいそうな画像である。

[4] =>
【82】タイトル:雲の世界

飛行機に乗りぐんぐん上昇していき、さっきまで厚く覆われていた雲を突き抜ける。
その景色を初めて見たときの感動を今も憶えている。

窓から見える一面の景色には雲が敷き詰められており、雲の世界に降り立ったような幻想的な気持ちにさせてくれる。
乗れそうな雲と、そうでない雲があるよね。手前の雲は乗れなさそうだけど、奥の雲は歩けそう。

地上では天気が悪くても、雲の上は天気が良いんだ!ということを知った幼少時代、雲の上に住めば晴れが続いて最高なのにと本気で思っていました。
【83】タイトル:エンタークリックだも~
白い机とノートパソコン。そこに向かって座るは牛人間。

「カチャカチャカチャカチャ。
 モ~~エンター。オオオオオォオオオオオオォオ」

頭は牛で体はスーツを着た人間。大きく上げた右手でエンターをたたこうとしているが、そのまま腕を下ろしたらきっとスーパーパワーでパソコン壊しちゃうよ。

エンターアァァァァ イヤァァァァ
【84】タイトル:お腹が空いたら玉子かけご飯
木目調の机に置かれた白飯と茶色い箸と箸置き。

その白飯にかかるはプルプルの黄身。
黄色を通り越して金色と言っても過言ではないだろう。

しかも卵黄のみで白身はない。きれいだ。
個人的には白身もあっての玉子かけご飯ではあるが、

黄身と白飯の輝きが空腹感をくすぐってくるので、これはこれであり!
でも白身も忘れないでね。

【85】タイトル:それはどこから見てもイチゴだね
真っ赤なイチゴが寝ているよ。

へたが右側、甘くておいしい先端が左側になるように寝ているよ。
たくさん眠っておいしく育っておくれ。

たった一個の真っ赤なイチゴ、つぶつぶイチゴ、形が綺麗なイチゴ。
果物に使うのが正しいのかわからないけど、かわいいって言葉が似合うよイチゴ。

イチゴ?いちご? どっちでもいいか
[5] =>
【86】タイトル:ロックから感じるロック
まさに自然が生んだブリッジ。

茶色の岩壁が、何百年も雨風を受けてきたことで半円の穴が開き、まるで川の上を渡る橋のように形をしている。
その穴の向こうには青空と、同じ色をした岩の島が見える。

また、日陰になっているところには雪が積もっており、晴れていても寒さを感じる。

橋の様な形をしているが、けして人のために形作られたものではなくぼこぼこなので、人に媚びない自然の厳しさと美しさがある。
自然に出来上がったその佇まいを見ていると、
「自然に生きようよ。放っといても形は出来上がるのだから」

と元気が出てくる。
【87】タイトル:労働日記1
本日は薄日の射す、外で作業をするには最適な一日でした。

一面に広がる灰色砂を、これから二人で掘って行くことになりました。とても広大で、いったいいつまで掘っていくことになるのでしょうか。

真新しいスコップはちょっとおしゃれで良かった。赤と青がとても素晴らしい。
灰色の景色に二色のスコップが良い差し色になっている。
砂にスコップを刺して並べて、写真を撮っておこう。綺麗だからね。

一日がんばったスコップには少し汚れがついてきたな。
明日は汚れを落としてあげよう。
【88】タイトル:茶色の卵2つ
枯れ木の上に卵2つ置いてみた。茶色の卵ってちょっとおいしそうに見えるよね。
さらに1つは白の卵カップにいれてみた。

ただの卵なのにおしゃれに見えるのは木目調の背景のおかげでしょうか。
木目はなんでも使えるのすごいと思います。
【89】タイトル:春の日には外でティータイム
ぽかぽかってする日はお外でお茶しましょう。
草がたくさん生えて緑が綺麗な場所を見つけたよ!
ほら!ピンクの机出して!花柄のやつ。
それからピンクの花柄の花瓶に、ピンクの花を活けておきましょう。
桃の果肉を入れたお茶もガラスポットに準備して、コップにもびっしり果肉を入れて桃の香りを楽しむのが最高なんです。

さあ、ティータイムの始まりだ。
)
noimage
Array ( [0] =>
【52】タイトル:春といえば団子!!
春といえば団子!
三色団子が3個、黒いお盆の上に置かれている。団子はもち手から、緑・白・ピンクの団子が刺さっていておいしそう。
その右手には、茶色いお盆に載ったお茶が写っている。
このお茶はほうじ茶だろうか。黄色のお茶は白い陶器に注がれている。

そして、画像の上段は桜の花が写っている。花びらだけでなく、約10個の花が置かれており、花より団子とは言わせないくらい、綺麗に開いている。

春を感じさせる良い写真です。
【51】タイトル:レモン写真
レモンのイメージ写真といったところか。
写真にはレモンが1と1/2個が写っている。1/2にカットされたレモンは果肉が8個見て取れる。果肉はとてもみずみずしくて、きらきらと輝いています。

白いテーブルがレモンの黄色をより際立たせており、さらに緑の葉っぱが6枚背景として置かれておりとても色合いがきれいです。




【75】タイトル:花やしきを撮って
アトラクション「Beeタワー」を下から取ったら、ディスクオーも納まったのでパシャリ。

「Beeタワー」は全て上がりきっており、これから落下するというところでしょうか。ディスクオーはくるくる回りながら下りている真っ只中である。

空が写っているが、晴れているが雲も多い。
絶叫する客が写っていたら面白かったが、まるで写っていないのが少し寂しい。
【89】タイトル:春の日には外でティータイム
ぽかぽかってする日はお外でお茶しましょう。
草がたくさん生えて緑が綺麗な場所を見つけたよ!
ほら!ピンクの机出して!花柄のやつ。
それからピンクの花柄の花瓶に、ピンクの花を活けておきましょう。
桃の果肉を入れたお茶もガラスポットに準備して、コップにもびっしり果肉を入れて桃の香りを楽しむのが最高なんです。

さあ、ティータイムの始まりだ。
[1] =>
【71】タイトル:にゃに見てるのよ
空を背景に灰色の猫が上から覗き込んできた。
耳はピンと立て、ただ一点を見つめるその瞳は、大して興味を持っていないとわかるのに目を離してはくれない。

こいつ絶対俺のことばかにしている。
【49】タイトル:夏の夜空
夜空にたくさんの打ち上げ花火が上がっている。クライマックスを感じさせる勢いで、扇形に広がっています。
一番高く、一番左側にある花火は青色です。
【47】タイトル:
黄色のひまわりが何本も何本も咲いている

その後ろには青空と光輝く太陽

青空には雲のかけらが点々とあるが、ほぼ晴天
【77】タイトル:電車と線路と紫陽花と
黄色の電車が停車している。

一両編成のローカル鉄道だ!!!
うす雲のかかった空、アヒルのような形をした雲、線路にかかる緑の雑草。
黄色の車体が良いアクセントになって味わい深い風景となっている。
その風景と一緒に、紫陽花を写真に収めたのはグッジョブであるとしか言いようがない。

紫陽花があることで梅雨の合間の晴れを感じさせ、じめじめとしているが、それでも晴れを喜ばずにはいられない複雑な空模様と心模様を想像させてくる。
[2] =>
【92】タイトル:透き通る香る花
ガラスの棚の上には、ピンクの花。

透明の花瓶に緑の葉、ピンクの花。

その小さな花瓶の周りに広がる、微かな香り。

【84】タイトル:お腹が空いたら玉子かけご飯
木目調の机に置かれた白飯と茶色い箸と箸置き。

その白飯にかかるはプルプルの黄身。
黄色を通り越して金色と言っても過言ではないだろう。

しかも卵黄のみで白身はない。きれいだ。
個人的には白身もあっての玉子かけご飯ではあるが、

黄身と白飯の輝きが空腹感をくすぐってくるので、これはこれであり!
でも白身も忘れないでね。

【73】タイトル:桜の季節が参りました
桜の花が綺麗に咲いていたので写真を撮りました。

もう満開を迎えただろう。1輪はピンク色に咲いており、その左上と右上には白色の桜が1輪咲いている。

黄色い雄しべが綺麗なアクセントになっており、色合いがとても綺麗である。
桜の花を間近で見る機会は少ないが、写真でズームアップすると普段見えないものを確認できて風流である
【85】タイトル:それはどこから見てもイチゴだね
真っ赤なイチゴが寝ているよ。

へたが右側、甘くておいしい先端が左側になるように寝ているよ。
たくさん眠っておいしく育っておくれ。

たった一個の真っ赤なイチゴ、つぶつぶイチゴ、形が綺麗なイチゴ。
果物に使うのが正しいのかわからないけど、かわいいって言葉が似合うよイチゴ。

イチゴ?いちご? どっちでもいいか
[3] =>
【80】タイトル:お台場にも女神がいました
お台場に聳え立つ女神ちゃん

夜のライトアップを受けて金色に輝くその姿はメタモルフォーゼ

女神と背景のマンションどっちが高いのでしょうか

右手に炎を持っているように見えますが、本物ですか?
熱くないですか?

自由を手に入れるために自由を捨てる世の中はなんだか不自由よね。
と言っているその顔は無表情である。こわい
【82】タイトル:雲の世界

飛行機に乗りぐんぐん上昇していき、さっきまで厚く覆われていた雲を突き抜ける。
その景色を初めて見たときの感動を今も憶えている。

窓から見える一面の景色には雲が敷き詰められており、雲の世界に降り立ったような幻想的な気持ちにさせてくれる。
乗れそうな雲と、そうでない雲があるよね。手前の雲は乗れなさそうだけど、奥の雲は歩けそう。

地上では天気が悪くても、雲の上は天気が良いんだ!ということを知った幼少時代、雲の上に住めば晴れが続いて最高なのにと本気で思っていました。
【76】タイトル:夏の夜空に浮かぶ黄色の花
夏の夜空は黒く静寂を保っているが、そこへ花火が打ちあがった。

 ひゅ~~~~  ドン  ぱららららら

黄色い閃光は四方八方に花を咲かせながら飛び散っていき、綺麗な丸を描いている。
 
 ぴゅ~~

一発目が鳴り止む間も与えず二発目が打ち上げられた。
打ちあがっている最中の二発目が線上に光っているおかげで、
花火全体がタンポポの綿毛のように見える一枚を撮ることができた、嬉しい一枚である。

黄色い綿毛は夜空を覆い静寂を明るく照らし、見る者に笑顔を残して消えていった。
【69】タイトル:色鉛筆で作るハートのアーチ
綺麗に削られた46本の色鉛筆は、中心に先端を向け隙間なく置か
れて並んでおり、芯の先端が並んだその形はハートを象ってい
る。

46本の芯で象るカラフルなハートは暖色が多く使用されており、
とても温かみを感じます。
ハートの中心は写真の左上寄りで、写真の焦点は左手前側によっ
ているため、ハートの左側、すなわち奥の色鉛筆はボヤけて写っ
ている。

ハートの割れ目部分は、ピンクの色鉛筆が突出して置かれている
ことで表現されている。
[4] =>
【81】タイトル:わが社はクリーンな会社です
草の目線からビル軍を見上げた世界を描いた絵。
四角形のビルは白色で、太陽の光を浴びて少し輝いているようにも見える。、
虹色に反射するシャボン玉もふわふわと浮いており、爽やかさを演出している。

わが社はクリーンな会社です!
 といいそうな画像である。

【90】タイトル:青春をカメラに収めよう
夕日が金色に輝いてて海に沈みかかっている。波も穏やかになってきたので海に出た。

良くあるジャンプ写真を撮ろうと決めたけど普通じゃつまらないから、ポーズ決めて撮った。

左から、
・足を目いっぱい曲げて両手を挙げる
・ヨガのポーズでナマステー
・ヨガのポーズでナマステー
・ヨガのポーズでナマステー
・足を目いっぱい曲げて両手を挙げる

あとちょっと工夫して、
右から二番目の奴は足の間から太陽が見えるようにしよう。
それから角度を変えて、すんごく高いジャンプしているように見えるようにしよう。
【91】タイトル:豆大福
白い豆大福を二つ用意しました。
お盆に載せて、楊子とお茶と桜の花を置いてみました。

斜めから写真を撮ってみたりしました。
おいしそうに見えますか?



【74】タイトル:制限速度表示だ
英語圏の制限速度表示を表す標識を撮った写真。
標識の形は縦長の長方形で、標識は黒縁・黒字ととてもシンプルであり、

標識には
「SPEED
 LIMIT
 25」
と記載されている。文字サイズは25が一番大きいので表示は良く見える。

ただ、25の表記の上にはシールが5・6枚張られている。
速度制限に対する抗議だろうか。

標識の背景は電信柱とマンション、そして曇天模様が写されているため、全体的に灰色な写真となっている。
[5] =>
【88】タイトル:茶色の卵2つ
枯れ木の上に卵2つ置いてみた。茶色の卵ってちょっとおいしそうに見えるよね。
さらに1つは白の卵カップにいれてみた。

ただの卵なのにおしゃれに見えるのは木目調の背景のおかげでしょうか。
木目はなんでも使えるのすごいと思います。
【87】タイトル:労働日記1
本日は薄日の射す、外で作業をするには最適な一日でした。

一面に広がる灰色砂を、これから二人で掘って行くことになりました。とても広大で、いったいいつまで掘っていくことになるのでしょうか。

真新しいスコップはちょっとおしゃれで良かった。赤と青がとても素晴らしい。
灰色の景色に二色のスコップが良い差し色になっている。
砂にスコップを刺して並べて、写真を撮っておこう。綺麗だからね。

一日がんばったスコップには少し汚れがついてきたな。
明日は汚れを落としてあげよう。
【72】タイトル:ころころオレンジ
11個のオレンジは白い背景に隙間なく無造作に置かれている。

オレンジは枇杷(びわ)のような形に近く少し小ぶりといったところか。でもとても綺麗な色味をしているので、おいしくいただくことができそうだ。
【50】タイトル:猫の写真
猫の顔がアップの写真である。
猫は遠くを見つめる様相で、青空を背景にきめ顔である。

体は、右目から右耳あたりが茶色でその他は白色のぶち模様である。
明るい空がまぶしいのか、猫特有の細目でただただ一点を見つめている。

)